kindleはここが凄い!電子書籍サイト比較!

kindle【電子書籍】のサイト概要

kindleの概要・評価
電子書籍サイト・kindleの概要/画像1
kindle:情報運営会社  :Amazon.co.jp
提供冊数  :14万冊以上
無料試し読みジャンルで無料本有り
料金システム単品販売
全体評価  :★★★★☆

↑タップすると公式サイトへ↑

普段からAmazonは良く利用させて頂いているのと、Kindleの電子書籍リーダーが本当に紙のような質感だったので、Kindleで電子書籍を購入するようになりました。もちろん購入した電子書籍はデスクトップやラップトップ、タブレット、スマートフォンからも読む事が出来ます。
Kindleは期間限定などで1巻が無料になっていたり、著作権の切れた作品なんかも並んでいたりするので重宝します。特に漫画が原作の映画が公開された時は、原作の1巻、または2~3巻までが無料公開される事が多く、映画を見に行く前にどういった雰囲気の作品なのかを確認することが出来て便利です。
大手のため作品数が多い事もおすすめポイントでしょうか。以前は紙媒体の発売から暫く立たないとKindle版が出なかったりしていましたが、最近は紙媒体と電子書籍版が同時に発売されるようになったので助かります。発売日がずれると、あとで買おうと思いつつすっかり忘れてしまう、なんて事が多々ありますので……。
期間限定や日替わり、シリーズまとめ買いなどの半額セールも頻繁に行われているので、買おうかどうしようか悩んでいた作品がセール対象になっていると、ついつい購入してしまいます。
ちなみに月額980円でKindle unlimitedという読み放題のプランに加入する事ができます。Amazonプライムに加入しているだけでもPrime Readingという読み放題プランが利用出来ますが、こちらはKindle unlimitedで無料の対象となっている作品の中から900冊程度しか選べません。
どちらにせよ、新作や最近の話題作なんかは無料の対象になる事は殆ど無いので、昔流行ったベストセラー作品やビジネス書、参考書、洋書、雑誌などをよく読む人でなければ有効に活用する事は難しいかも知れません。月に最低でも三冊以上の本や雑誌を購入して読んでいるか、色々なジャンルの本を手軽に試し読みしてみたい、と考えている人は登録してみるのも良いかと思います。
Kindle unlimitedを利用する際の注意点としては、通常の購入ボタンとは別に「読み放題で読む」というボタンがあるので、購入ボタンを間違って押してしまわない事でしょうか。
購入した電子書籍は「コンテンツと端末の管理」からコレクション機能でタグ付けし、グループ分け出来るので、作品が増えてきてもそれ程困らないと思います。

電子書籍おすすめランキング

BookLive

BookLive:情報
発売元   :株式会社BookLive
新規会員特典:50%OFFクーポンプレゼント
購入方法  :単品販売
特別セール 激安コーナー、無料コーナー常設
全体評価  :★★★★★
ebookjapan

ebookjapan:情報
発売元   :株式会社イーブックイニシアティブジャパン
新規会員特典:ポイント50%還元
購入方法  :単品販売
特別セール 特集・キャンペーン実施
全体評価  :★★★★☆
コミックシーモア

コミックシーモア:情報
発売元   :NTTソルマーレ株式会社
新規会員特典:50%OFF半額クーポン
購入方法  :単品販売、読み放題
特別セール 読み放題フル月額1,480円       読み放題ライト月額780円
全体評価  :★★★★☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする